雨降りだから

今日もぐずついた天気で寒く外で遊べません、映画にしました。
少し話題になっている、スピルバーグ監督の作品です。

【ストーリー】

農村に住む少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)の愛馬であるジョーイが軍馬として騎馬隊に売られ、フランスの戦地に送られてしまう。敵味方の区別を知らないジョーイの目に、戦争は愚かさで悲惨なものとして映るだけだった。一方そのころ、アルバートは徴兵年齢に満たないにもかかわらず、ジョーイと会いたいがため激戦下のフランスへ旅立つ。


1982年にマイケル・モーパーゴが発表し、舞台版は第65回トニー賞で5部門に輝いたイギリスの小説を巨匠スティーヴン・スピルバーグが映画化。第1次世界大戦下を舞台に、主人公の少年アルバートとその愛馬ジョーイの掛け替えのないきずなの物語が展開する。主人公の少年を演じるのは、新星ジェレミー・アーヴァイン。共演は『ウォーター・ホース』の実力派女優エミリー・ワトソン。壮大かつ感動的な物語の行方に注目だ。

馬が主役の作品で、戦争映画ではありません。
小父さんには今一何が言いたいのかが分かりませんが、映画のHPで色んな人が素晴らしいコメントしています。

草野 仁さん(キャスター)この映画には、悪辣な登場人物は出てきません。
善意の気持ちを持って前向きに生きていこうとする人々がしっかりと描かれています。
だから、観終わってどこか温かい気持ちになります。
とめどなく涙が溢れることが多くて、ハンカチをずっと持ち続けたままでした。
時間の経過を忘れて、心から充実感を持って味わうことができる映画です。


小宮悦子さん(キャスター)
希望は、実は最初からちゃんと<そこにある>。
悲しい出来事が起きるかもと用心深く備えてしまうから気づけない。
希望をもっと信じてそれをエネルギーに生き抜いていこうよと、
心がたくましくなる作品です。
人の心を変える力を持つ映画ってあまりない。
観ている間に自身の何かが変わるのを体感してください。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2012年03月11日 00:11
日本でも、愛犬までが戦争にとられたとか。。。
戦争って嫌だな。。。
映画は、見に行ったら爆睡するわね
2012年03月14日 13:36
ヘト姉さん

戦争は国の存亡がかかりますからね、何でもアリだね。
米軍の日本の都市無差別爆撃や原子爆弾投下など、人間業ではないね。今度もイスラエルはやるよ、USAはユダヤ人のすることに文句が言えないから。

この記事へのトラックバック