違和感が

プロ野球のロッテから2位指名を受けてた京都大学の「田中英祐」投手が入団契約をしました。
契約金が7000万で年俸が1500万ということでした。ドラフト2位の選手の契約金としては順当なところだと思いますが、なんか違和感を感じませんか。
京都大学ですよ、国立のピカイチの大学です。彼が受験に合格したために誰かが不合格になり、どこかの私学に行ったか浪人したかは知りませんが、その人の人生は大きく変わりました。自分の人生を変えた人が本来の学問を生かしての人生ではなくプロ野球の選手になったと知ったらどう思うのでしょうかね。国立大学ですから当然税金で勉強してきたのです、まさかプロ野球の選手を養成するために税金払ったわけではないのですよ、旧帝国大学は世間に学問で貢献するという使命があるのですが。司馬遼太郎がどこかで、帝大は知識技術の配電盤だ、みたいのことを書いてましたが。
東京大学の理工学部を出て女優(タレント)をやってる人もいますが、これも京大の彼と同じようにルール違反ですね。職業選択の自由があるとは言っても、何故かしっくりきません。
防衛大学校を卒業した人でも自衛官に任官しない人が若干出ますねこれもルール違反ですね、これは授業料を返還してもらうべきですね。
昔(戦前)、家が貧しくて大学に行けないから士官学校や予科練や師範学校へ行った人がいると聞きましたが、時代が違うと言えばそれまでですが釈然としませんね。

鬼が来ます
阪神タイガースの臨時ピッチングコーチに鬼がやってきます。往時の阪神タイガースのエース「江夏」がその鬼です。この我儘で強情で一匹狼に軟弱な阪神タイガースの若手投手が、シゴかれると嬉しいです。みんな実力は並以上なのに気の弱さから自分の投球ができてないから、技術よりもそこらへんを学んで欲しいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年12月04日 00:14
今は、昔と違って国立大学も授業料が高いのです
>京都大学の「田中英祐」投手
いいじゃない
選手としての寿命は、知れたものその後能力を発揮できるから
>防衛大学校を卒業した人
学生手当として月額108,300円、
賞与(6月と12月)が年額319,000円支給される(2012年4月1日現在)
ですって
返金して欲しいわね
2014年12月04日 09:03
ヘト姉さん

彼は、入団交渉中も選手生命が終わったあとの生活はどうなるのかとの質問が多かったそうです。
契約金というのは、普通の勤め人の退職金と失業手当です、それを前受けしてるのですから自分で責任持たないと。
プロ野球を重契約(解雇)になって人生を転落した人が何人もいます、新卒の京大生なら欲しいですが落伍者はどこもいらないでしょう覚悟しておかないと。
昔から、士官学校や陸大生は給料もらってました、初年兵より良いはずです。

この記事へのトラックバック