海難1890

久しぶりに映画を観てきました。日本とトルコの合作に映画で、実話に基づくものです。
映画の出来を、芸術的にいう気はありませんので、ただ楽しかったかどうかで判断しています、それから言えばいい映画でした。少し泣けるくらいの内容ですが、日本人もトルコ人も素晴らしいと思います。
明治の半ばに和歌山沖で起きた海難事故と、少し前に起きたフセインが無差別攻撃を仕掛けてくる直前に日本国が見捨てた日本人をトルコ人が救ってくれた話との因果が描かれています。どちらの事件も、平和ボケしている日本人は忘れかけています。日本人にに自信とプライドを呼び戻させる作品です。

「杉原千畝」の実話に基づく映画も今やっています。こちらも観なければと思っています。

【ストーリー】
1890年、和歌山県串本町沖。後のトルコであるオスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦エルトゥールルが座礁して大破、海に投げ出された乗組員500名以上が暴風雨で命を落とす。そうした過酷な状況下で、元紀州藩士の医師・田村元貞(内野聖陽)やその助手を務めるハル(忽那汐里)ら、地元住民が懸命の救援活動に乗り出す。イラン・イラク戦争中の1985年、日本政府は危機的状況を理由に在イラン日本人の救出を断念。そんな中、トルコ政府は彼らのためにある行動を取る。


日本とトルコの長年にわたる友好関係をテーマにしたドラマ。海難事故に遭ったトルコ軍艦エルトゥールル号への日本人による救援と、トルコ人によるイラン・イラク戦争時の在イラン日本人救出という、両国の絆を象徴する二つの出来事を見つめる。監督は『精霊流し』『サクラサク』などの田中光敏。『臨場』シリーズなどの内野聖陽、『許されざる者』などの忽那汐里、『孤高のメス』などの夏川結衣らが出演する。約100年という歴史をまたいだ展開はもちろん、日本とトルコの知られざる物語にも胸を打たれる。

画像を取り込めませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2015年12月17日 12:02
トルコとロシアが険悪ムードになり、
日本の外交も難しい立場になりましたね。
ロシアのフーチン大統領の訪日を機会に、
北方領土返還交渉もしたいし、
トルコとの友好関係は維持したいし、
難しい局面になってきましたね。
2015年12月17日 12:53
カメさん さん

観光で訪れてもトルコは雰囲気が親日的なkとを感じます。
ロシアは世界で一番の嘘つき国家ですから信用できませんね。北方4島などにもどんどん投資して開発して人を送り込んでますね、既成事実を作ってしまってます。
2015年12月21日 00:23
トルコ、良いですよね
ISの問題などで、トルコ旅行しばらく行けないかな
北方領土は、ロシアに
竹島は、韓国に
良いように使われて、何もできない日本政府
北朝鮮の拉致被害者もお気の毒
日本人でなければ、政府の力で帰れるのに
2015年12月21日 08:50
そうですね、この国の政府は自国民の保護を放棄しているようですね。
国民の生命と財産を守るのが国の最も基本的使命です、それができて初めて国家です。

この記事へのトラックバック