古文書講座

本日午前中は、古文講座(くずし字を読み解く)の開催日でした、小父さん2月だと思い込んでいましたがファイルを確認して本日であることが分かり、さっそく受講してきました。
本年最初の講座は、A4に印刷された江戸時代クイズから始まりました。皆さんお分かりになりますか?

1)江戸時代の人は誕生日を祝ったか

2)歌舞伎などで、赤穂浪士の一人大高源吾が討ち入りの前日、葉付きの竹を売っていたのはなぜか

3)あけましておめでとうは何が明けたのか

4)元旦の朝一番に汲む水を何というか

5)お節料理の伊達巻は、何を見立てたものなのか

6)1年で最初にある節句は

7)どんど焼きのどんどって何

如何ですか。

市立博物館の大教室で行われる講義は大人気で毎回満員です。今日は講師も和装での講義でした。

回答は
1)祝いません。何故なら、正月に年を取る数え年で年齢を云っていたから誕生日は関係なかった。
2)大掃除のすす払い用にこの日(13日)に売らないと、まったく意味が無いから。江戸城でも13日に大掃除をしました。
3)夜・朝が明けたこと、つまりは年が明けたこと。
4)若水。この水で書初めもした。
5)巻物・本。本が高価な時代であったので(武士階級では嫁入り道具に本を持たせたりした)
6)1月7日の仁術の節句。現在では七草粥としてのこっている。
7)歳徳神。注連縄、門松等の正月必需品。宮中での行事が起源か

小父さんも5と7は出来ませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年01月06日 08:34
こちらでは「どんど焼き」と言って注連縄類を集めて燃やしています。だから7は分かりました。5も無理でした。
行事が迷信になっていくのも面白い。
2019年01月06日 08:49
nibari1498 さん

当地でも、どんど(焼)きと言います。
本来は宮中行事の、左義長が始まりらしいです。
歳徳神の歳徳がなまってどんどとなったのだろうとの事です。
2019年01月06日 11:50
新年早々から勉強会ですか。
お父さんはいつもながら凄いですね。
私にはとても真似できないです。
2019年01月07日 08:24
カメさん さん

遊びです、気楽に趣味を楽しんでいます。試験があるわけでもないので、ノートも取らず気楽なもんです。
2019年01月09日 23:54
こんばんは
全滅かな
>古文書講座
いいなあ
2019年01月10日 08:49
ヘト姉さん

勉強でなく趣味で楽しんでいるから良いのですね。
ヘト姉さんも、飲んでばかりいないでたまには文化の香りがする遊びを如何ですか。

この記事へのトラックバック