連勝です

阪神タイガースはナゴヤドームで中日に連勝です。
阪神タイガースの先発、青柳の出来が良く5回を投げて4安打1失点の出来でした、攻撃陣は4番候補の大山が2HRを放つなど11安打で中日の吉見以下の各投手陣を打ち崩しました、中でもルーキーの2人、近本と木浪はそれぞれ2安打づづを放って開幕1軍を強力にアピールしました。
今日と明日はお休みで、土日は甲子園で西武と2連戦です、強力打線の西武に勝ちたいですね。このオープン戦を応援に行こうかと思っていたのですが(入場の権利があるので)、野暮用が出来たのでオープン戦ですから無理に出かけるのは止めにしました。

*博物館講義*(2)
陸上の部分では永禄2.3年(1559.1560)年の記録がある、保内商人の「今堀日吉神社文書集成」に残る申状を解読しました。
保内商人が鈴鹿山脈を越えて伊勢路での商売を独占する代わりに通行税を、守護の六角氏の幹部の後藤氏と伊勢川の員弁郡及び朝明郡の郡役へ納めることが書き残されています。
現在でも日本で力を持っている近江商人の末裔が沢山いますが、近江商人の一つの集団に四本商人と言われる集団がありました。
その四本商人とは、
保内商人・・・・野々川(現在の東近江市、「野野郷商人」。
石塔商人・・・・東近江市石塔町。
小幡商人・・・・東近江市五箇荘小幡町。
沓掛証人・・・・愛知郡愛荘町沓掛。
の四商人集団を云います。この四本商人は、比叡山延暦寺の庇護を受けていました。彼らは鈴鹿山脈を越えて伊勢での商売を専らとしていますので、山越衆とも呼ばれたらしいです。
彼らが利用した鈴鹿越えの峠道は、大小合わせると6.7ヶ所ありますが主要道路は、永源寺の麓から三重郡菰野町千種に至る「千種越え・千種街道」と同じく永源寺から三重郡菰野町田光に至る八風越え・八風街道}の2街道です。残された申し状によりますと保内商人が千種城主からこの峠の商業利用・通行独占を認められ通行税を支払っていたことが認められます。具体的な支払先は桑名方面へ抜ける街道筋では、員弁郡の坂井の役所と富田へ抜ける街道の杉谷の常心へ一年に二回支払っています。桑名減るける街道の方が物流が多かったのでしょうが支払っている金額に大きな差があります。当時の保内商人の峠超えは何百人もの大集団で盗賊防止の護衛用の傭兵までいたらしいです。伊勢側の拠点拠点には、四本商人の指定小売人が決められていました。
長くなりましたが、当時の保内商人が独占販売していたものは、
あさのを  紙  木わた  土の物  塩  一切のわげ物  あふら草  若め  一切鳥の類  のりの類      あらめ  一切魚の類  伊勢布
以上の品々です。
あさのおとは、麻織物。木わたは、木綿物。土の物とは、陶磁器(焼き物)。わげ物とは木工職人が作った木製品。
あふら草は、菜種。伊勢布とは、ブランド品としての伊勢木綿・松阪木綿。
紙は、美濃商人から仕入れた美濃紙。

専任販売人をめぐる問題で、守護の六角氏へあてた裁判記録や他の商人の通行をめぐる裁判記録なども残されています。

小父さんが、つたなく講義内容を取り纏めましたが、四本商人、近江商人の歴史などはネットでも調べられますし、東近江市の博物館などで詳しく知ることが出来ます。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年03月14日 23:33
こんばんは
阪神、調子がいい
>*博物館講義*(2)
成城大学の公園を聞きに行った事がある。
寒かった
>近江商人
馬喰横山付近に多い。
布団の西川があったからかな
2019年03月15日 09:27
連勝で士気が上がってきましたね。
難しい文書を解読・すごい。
2019年03月15日 10:11
阪神このままいけばいいですね。
古文書が読めるようにまでなったんですね。あの崩し字は私にはまだ難解です。郷土史研究家と言っても読めない字が多いんです(恥ずかしい)。
2019年03月15日 12:43
ヘト姉さん

阪神タイガース、まだまだ調整段階です。今週末の甲子園での西武2連戦は楽しみです、行きたかったのですが。
大学ばかりでなく地域の市民センターなどでも結構沢山の講演がありますよ、地域の情報誌をよく見てください。
近江商人の末裔は、現在の日本経済界にたくさん残ってます、ネットで近江商人を検索してみてください。
講義の中心は、鈴鹿峠を越えて伊勢路にやってくる商人集団の街道・ルートと関銭を取ってた人物と場所の研究でした。
小父さんの学校区域内を八風街道が通ってますので興味津々だったのです。
2019年03月15日 12:45
カメさん さん

オープン戦でも、勝つ方が気持ちいいですね、開幕までにもっともっと調子挙げていってほしいです。
古文書は、とても読みこなせません講師の説明についていくのがやっとです。
2019年03月15日 12:50
nibari1498 さん

開幕までには、もっともっと調子挙げていきます。
古文書はとても読みこなせません、講師の説明についていくのが精いっぱいです。同じ言葉を、漢字で書いたり仮名で書いたり、当て字などもざらですね意味が分かりません。上申書などの比較的固い文書と私信などで崩してあるのは癖があってなおさら読めないですね。
試験があるわけで無し、趣味で楽しんでいるだけです。

この記事へのトラックバック