悔しい引き分け

福岡ヤフードームでのソフトバンク3連戦の頭は、阪神タイガース先発のメッセンジャーの力投で強打のオフトバンク打線を終盤まで2-1とリードして抑え込んでいたのですが9回に完投を狙って登板しましたがついに力尽きて、同点に追いつかれ延長戦に入りました。
両軍ともに継続投手の出来が良く、結局12回での引き分けとなりました。好投、力投のメッセに勝ちを付けたかったですが、12回裏のドリス劇場も何とか抑えて引き分けることが出来ました。交流戦1位のソフトバンク相手ですから、勝ちに近い感じではありますが、悔しいです。チャンスに、阪神タイガース4番が打てれば勝てて試合でした、最近活躍の高山と、球児の活躍が光りました。
画像
        <力投する藤川>
本日もソフトバンク戦です、阪神タイガース先発は、
50 青柳 晃洋
6月12日、ソフトバンク戦に先発予定!前回のロッテ戦は7回5失点(自責4)。エラーやヒヤリに苦しむも121球を投げ抜いた!次はこの粘りを勝利に繋げたい!


地上波のサンスポ系列とBS朝日系列での18:00時からの中継です。応援お願いします。

"悔しい引き分け" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント